ウーマン

高周波治療で気になるスソワキガとさよならしよう

陰部の臭いの治療

女医

ワキガ対策のために制汗剤など市販のケアグッズが多く発売されており、美容外科でも種類豊富なワキガの治療法が用意されています。そして、ワキガと並んで悩む人が多い症状にスソワキガと呼ばれるものがあり、陰部から強烈な臭いが出てしまうという特徴があります。近年スソワキガに悩む人は増えていてその治療も普及しつつありますが、その理由としてワキガ治療が広まったことが挙げられます。体臭の代表として扱われていたワキガの美容外科での治療を受ける人が増え、逆に見落とされていたスソワキガの臭いが目立つことが多くなりました。その結果患者数自体が増えていますが、美容外科が積極的にスソワキガの情報発信や治療法の充実化を行っているため、治療を受けて症状が改善している人も多くいます。

スソワキガにはボトックス注射、高周波の照射、切開療法が以前はありましたが、陰部は非常にデリケートな部位であるため切開療法は今ではほとんど行われません。ボトックス注射は筋肉などの活動を抑制するために美容外科ではよく使われる成分ですが、汗腺を抑える役割として働きスソワキガを改善する役割も持ちます。効果は永続的なものではありませんが、低価格で仕事帰りにも受けられる手軽さから主流な治療法の一つとなっています。もう一つの治療法である高周波の照射は近年開発された治療法で、皮膚を一切傷つけることなく汗腺に熱を与えて活動を止めることができます。負担が少ないだけでなく、スソワキガの原因を根本から取り除けるため画期的な治療法として、ボトックスと並んで使われるようになっています。

切らないワキガ治療

婦人

ミラドライでは、マイクロウェーブによる熱でアポクリン汗腺を弱らせることができます。これによりワキガの発生が抑えられますし、アポクリン汗腺の近くにある毛乳頭も熱の影響を受けるので、抑毛効果も出てきます。ただし、アポクリン汗腺が十分に成長したとみなされる年齢に達してから受けることが大事です。

詳細

総合的なアンチエイジング

女の人

しわ対策を行う時には美容整形の施術だけに頼らず、日常生活から見直すことも大切です。肌が乾燥したり無防備な状態で紫外線を浴びるとリスクが高まりますので、きちんとした対策が必要です。最近成長ホルモン療法の人気が高まっており、注射をするだけで肌にハリが出てきたり身体的なコンディションを改善できます。

詳細

バストアップするために

唇

ヒアルロン酸注入は無色透明でゲル状のヒアルロン酸を使うため、バッグプロテーゼ挿入法と違って健康診断を利用することができます。また施術結果でバストの形や大きさは、医師の経験によるところが大きいです。医師選びが大切です。

詳細